松本光明幼稚園のロゴマーク
トップへもどる
園のご案内
理事長あいさつ
園の教育指針
保育時間と休祭日
保育料・諸会費
ご案内地図
プライバシーポリシー
年間行事予定
一日の園内生活
施設のご紹介
未就園児教室
入園のご案内
光明ブログ
ご意見・お問い合わせは下記まで


クイックタイム・プラグイン・リンク
ムービー再生やVRパノラマを
快適に楽しんで頂くためには
QTプラグインが必要です。


フラッシュ・プラグイン・リンク
様々なエンターテイメントを
快適に楽しんで頂くためには
FLプラグインが必要です。


アクロバット・プラグイン・リンク
おたよりなどインターネット
上の電子文書を快適に閲覧す
るには、
アドビ社のアクロバ
ットプラグインが必要です。







園のご案内

園長あいさつ

松本光明幼稚園は、1934年(昭和9年)以来現在まで、仏教園として幼児教育の発展に大いに貢献してきました。

心の豊かさと、すべてのものへの慈しみが一番大切であると説く仏様の教えに基づき、

『明るく、正しく、仲良く』
を本園のキーワードとしています。

園長:川上 一應(浄土宗林昌寺住職)

園児達は遊びを通して、人間形成の基礎となる大切な事を学んでいきます。
友達と展開される、豊かな体験すべてが幼児教育に必要な教育なのです。


幼児教育は、幼児の心身の発達に適した施設、設備を整えて、教育の専門家である教員によって集団生活を通じて、計画的、組織的に行われる学校教育です。

集団生活への第一歩
幼児が集団生活を行うことは、幼児一人ひとりが幼児のグループの中でそれぞれ独立した人間として、自力で心身を働かせて生活していくことであって、社会的な集団生活への一歩です。
この時期に経験しておかねばならない諸活動を十分行わせることは、人間として充実した生活を送るために必要であるばかりでなく、その後の教育の基礎を確立し、心豊かな人間形成の基本となります。

“聖なるもの”の喪失
この様に重要な幼児教育をより効果的に行うため本園では宗教的情操教育を行っております。今日、人の命を軽んずるような社会風潮が拡大する中で、少年非行の増加の原因が家庭崩壊にあるといっても過言ではないでしょう。
家族関係の崩壊の原因は何か、それは、“聖なるもの”の喪失です。社会も家庭も即物的欲求にばかりこだわり、つい動かされています。
責任を他に転嫁し、不平不満に満ちています。要するに、にごっているのです。

宗教的情操の涵養
今日程、宗教的情操の涵養が大切な時はありません。宗教は、“聖なるもの”を共に仰ぎ見ることです。これによって個々の人間が夫と妻、親と子、兄弟として家族として統合されていくと考えられます。
真なるもの、善なるもの、美しいもの、そういう高次なるものを追求し、 自らを高め、子供達にそれを見習わせる態度、感謝に満ちた目的ある人生に、精進努力する態度を培い養うことを幼児期に行わなくてはなりません。

ポイント
人の悲しみをわかる心を養うこと
聖なるもの(真・善・美)をともに仰ぐ心を培うことの二つです。

これらの基本を幼児期において確立するために職員一同一体となって、お子様の保育に当たっております。
園長:川上 一應(浄土宗林昌寺住職)


1

 
松本光明幼稚園のコーポレイト表記